これさえあれば鬼に金棒??独立後にも充分なサポートは欠かせません!

必要な技術や知識を提供してもらえる

フランチャイズは、個々のお店が独立性を保ちながらも事業本部からさまざなサポートが受けられる店舗経営システムです。サポートの内容は多岐にわたり、準備段階であれば開業場所の選定や店舗経営者としての心構え等に関する研修、資金計画に対するアドバイスなどがあります。また、開業後も恒常的なサポートを行う体制が整っています。
フランチャイズで独立開業を果たした後に受けられるサポートの具体例としては、飲食店では新メニューの開発やレシピの提供などが挙げられます。一方、飲食店以外の場合は、技術指導を挙げることができます。ハウスクリーニングやネイルサロンなどの業界にあっては、新しい技術の紹介や習得のための研修、各種機器のあっせんなどが随時行われています。

チェーン全体の情報を活用

各加盟店がフランチャイズ本部から受けられるサポートの例としては、情報提供も非常に重要なものの1つです。
たとえば不動産業の場合、1つの店舗が独力で集められる物件情報には限りがあります。しかしフランチャイズ経営を行っている不動産業者にあっては、各店舗をつないだ情報ネットワークを提供しているところが少なくありません。こうしたサポートが得られれば、より多くの情報を顧客に提供することが可能になります。
また、従業員教育にかかる支援を行っているフランチャイズチェーンも存在します。デイサービスセンターなどがその例で、介護関連の知識や技能に対する教育が必要な場合、本部が一括して研修を実施することで店舗オーナーの負担を軽減しています。