最初の数年は赤字が当たり前?その時フランチャイズ業者は何をしてくれるのか?

フランチャイズ契約での最低保証制度

個人事業主として一からお店を持つとき、全く無名のお店だと簡単にはお客さんが来てくれないかもしれません。一から築き上げる楽しみはあるでしょうが、その前に資金が尽きてしまっては意味がありません。個人でお店を持つときの選択肢としてフランチャイズ契約があるので検討してみると良いでしょう。ではフランチャイズなら開店当初から利益が得られるかですが、必ずしも目的の利益が上げられるわけではありません。フランチャイズ業者によっては、フランチャイズ契約をするときに一定期間最低保証をする制度を設けてくれています。開店当初の売上や利益が目標に達しないとき、差額をフランチャイズ業者が負担をしてくれます。数か月から数年の範囲で期間が決められます。

フランチャイズ業者が行ってくれる営業支援

フランチャイズビジネスとして思い浮かべるお店としてコンビニがあるかもしれません。実際にはその他にもいろいろなビジネスがあり、水道工事やハウスクリーニング、鍵のトラブルに対応するお店などの経営なども行えます。コンビニだと近所に住んでいる人や通りを歩いている人などが利用してくれるので、開店当初でもお客さんに来てもらいやすいです。しかしハウスクリーニング等だと実績が必要なので、実績がない状態の開店当初はほとんどお客さんが来てくれません。となると赤字になる可能性が高くなります。この時フランチャイズ業者が何をしてくれるかですが、業者によっては売上支援をしてくれるところがあります。経営者に変わって営業をしてくれ、お客さんを連れて来てくれます。その間に営業の仕方などを学んで自分でもお客さんが取れるよう努力をします。